富山県食品スーパーサンキュー

ありがとう

世界中でいちばんかけがえのない言葉、それは「ありがとう」ではないでしょうか。
このみじかい言葉には、みんなを笑顔にする不思議なエナジーがあります。
わたしたちは、お客様が・はたらく仲間が・そして売り場の商品たちが、いつも笑顔でいるように「ありがとう」をそのまま社名にしました。

あなたの笑顔にありがとう。
わたしたちは、つねに心のふれあいをたいせつにする会社です。

富山のスーパーのチラシ

本日のチラシ

↓↓↓↓  ア・ミュー店 チラシ情報  ↓↓↓↓

↓↓↓↓  新富店 チラシ情報  ↓↓↓↓

↓↓↓↓  小矢部店 チラシ情報  ↓↓↓↓

↓↓↓↓  福光フレッサ店 チラシ情報  ↓↓↓↓
富山のスーパーの地元商品

サンキュー牛乳

学校給食でも使用されている地元の味「まると乳業」とサンキューが共同開発した地産地消こだわりの牛乳が商品化!
商品名
サンキュー牛乳
価格
198円
原材料
生乳100%
容量
1リットル
保存方法
10℃以下
賞味期限
約6日間
生産者
砺波乳業協同組合

サンキュー牛乳

地元商品のその他

富山のスーパーのありがとう日記

2017年4月1日 サンキューカードが変わります!


● 4月1日よりサンキュー福光フレッサ店の
ポイントカードとプリペイドカードが新しくなります!
乞うご期待!!


ARICAポスター

2017年2月29日 善意の輪を広げよう

サンキューでは毎年、お客様や従業員の皆様から集まった募金を県善意銀行へ贈っています。明るい社会づくりに少しでも役立てていただけたら嬉しいですね。

▼▼▼北日本新聞より▼▼▼
県善意銀行(河合隆理事長)と県親切運動本部(同本部長)の「第53回親切・善行感謝の集い」が19日、富山市の県教育文化会館で開かれる。県内各地で善意の輪を広げ、明るい社会づくりに貢献した134人と190団体を表彰する。北日本新聞社後援。

2017年2月29日 善意の輪を広げよう

2017年2月2日 災害時救援物資 供給で協定締結 市と三喜有

201702小矢部市災害時協定
北日本新聞ニュースより

災害時救援物資 供給で協定締結 市と三喜有
 小矢部市は2日、市内に食品スーパーを出店している三喜有(さんきゅう)(南砺市寺家新屋敷・福野)と災害時の救援物資の供給に関する協定を結んだ。食料品や生活必需品などの供給や運搬の協力を受ける。

 市役所で桜井森夫市長と中西一夫社長が協定書に調印した。市長は近年の自然災害の大きさや頻度を踏まえ「市内で予期せぬ災害が起きる可能性は否定できない。協定締結は心強い」と感謝し、中西社長は「創業時から地元密着型の商売をしてきた。もっともっと貢献できるような企業でありたい」と述べた。

 市地域防災計画では食料や飲料水の備蓄目標を避難想定人数の3日分としており、その後は流通段階の商品で対応する予定。食料品などの供給に関する協定はこれまで締結していたピアゴ小矢部店に加え、2社目となった。

2017年2月2日 災害時救援物資 供給で協定締結 市と三喜有

ありがとう日記のその他

富山県スーパーアミュー 富山食品スーパーサンキュー ア・ミュー店 富山食品スーパーサンキュー 新富店 富山食品スーパーサンキュー 小矢部店
富山食品スーパーサンキュー 福光フレッサ店 富山食品スーパーサンキュー ポコアポコ店 富山食品スーパーサンキュー ポコアポコ新富店 富山食品スーパーサンキュー ネットスーパー
富山食品スーパーサンキュー3つのサンキュー